まるで木で出来ている様な打放しコンクリート 打設編

今日は深谷の家のコンクリート塀の打設です。

型枠が塗れているとコンクリートの周りが良くなり綺麗なコンクリートが打設できます。

また、コンクリートが固まるのに水分が必要です。型枠の杉板が乾燥していると、コンクリート中の水分を杉板が吸ってしまい、硬化不良をおこしてしまうので打設前に丹念に散水します。

打設開始。ミキサー車も順調に現場に到着してくれました。

密実なコンクリートになる様に型枠振動機が登場しました。

振動する機械を型枠に押しつけるのですが、当然持っている腕にも振動がきます。

体制を維持するだけでも腕が疲れる作業ですが頑張ってくれています。

コンクリートに打ち込まれるコンセント周りは配線などがあるので、コンクリートが周りにくいポイントになります。

特に念入りに作業します。

最後に天端を平して打設修了。

綺麗なコンクリートが打てているか脱型が楽しみです。

CATEGORY

RECENT POSTS

ARCHIVE